美容師がお客様に雑誌を渡すにあたり。

こんにちは

 

 

織本です。

 

 

 

美容室に行くと90%の確率で、美容師さんに出してもらえる『雑誌』

 

もちろんエルズカインドにもあります。

 

美容師がお客様に雑誌をお渡しする際に、

どのように雑誌を選んでいるかをお話しさせていただきます。

 

 

まずは、

①性別

 

 

 

当たり前ですね。笑

 

 
女性に、男性誌を渡したらどうなることやら。。。笑

 

 

 

 

 

②系統(ジャンル)

 



これは、最も分かりやすく、雑誌を選びやすいポイントの1つですね〜

 

 

 

系統もたっっっくさんありますからね。

 

 

 

 

 

 

コンサバや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カジュアルや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャルなど・・・

 

 

 

まだまだ沢山ある系統の中で雑誌を選んでおります。

 

 

 

 

 

 

ファッションだけでなく、

 

 

 

メイク

 

 

 

 

ネイル

 

 

 

などでも、感じとります。

 

 

 

ファッションが、コンサバなのに、メイクがギャル感が抜けていない方もいらっしゃいます。

美容師さんは、そこまで見抜けないとダメですよね。





③年代



これは、言わなくてもわかりますよね。


60代のお客様に、CanCanを出す美容師は、おりませよね。

 

 

織本は、20歳、美容師1年目の時、

 

スタイリストさんに

 

 

「原宿系の雑誌を出しておいて」

 

 

と言われ、

 

 

何もわからなかった田舎もんの織本は、

 

 

 

 

「原宿系?」

 

 

 

 

 

 

 

「原宿は、東京だよな〜」

 

 

 

 

 

 

 

「あっ!」

 

 

 

 

 

 

「東京っぽいファッション雑誌か!」

 

 

 

 

 

 

と思い、

 

 

 

 

 

ポップティーンを手に取り、原宿系のお客様にお渡ししました。

 

 

 

ポップティーンは、ややギャル雑誌。

 

 

その後、裏でめっちゃ怒られました。

 

 

 

 

最後に。

 

織本の体験談

 

 

 

織本が25歳の時、初めて行く美容室にいきました。

 

 

 

織本は、ご新規です。

 

 

 

席で待ってます。

 

 

 

 

気を利かせてくれたアシスタントの方が、

 

 

織本に雑誌を持ってくるのが鏡越しに見えた。

 

 

 

 

 

 

織本の隣に来たアシスタントさんが一言。

 

 

 

「よかったらお読みになってお待ち下さい。」

 

 

 

 

 

 

案の定、織本に雑誌を持ってきてくれた。

 

 

 

気を利かせてくれたのだ。

 

 

 

優しいアシスタントさん。

 

 

 

 

 

持ってきてくれた雑誌を見る。

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雑誌を持ってきてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜだ。

 

 

 

 

 

アシスタントさん。

 

 

 

 

 

 

どうして俺に、世界遺産の本を選んだんだ。

 

 

 

 

 

 

俺のファッションが旅人や冒険家に見えたのだろうか。

 

 

 

 

 

 

頑張れ、

 

 

 

 

 

アシスタントさん!!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中