Ane Can について

11月7日でAne Canが休刊するの聞いて思う事がありました。

『初心の気持ち』

中2から美容師を目指した自分は、高校の時から22〜23ぐらいまでずっと買っていた雑誌がありました。

それが『Can Can』でした。

当時は、藤原紀香さんや米倉涼子さんとかが凄く活躍されていまして、紀香ヘアのレイヤースタイルが印象的でした。

自分は、高校生だったので、女性のファッションなんて分からなかったです。

なんで買っていたかというと「ヘアスタイル」が好きでした。

自分の中で『Can Canに出ている美容師さんは、カリスマ美容師だ』という印象が凄くあり、買って、見て、スゲ〜、ってなっていたのを覚えてます。
東京に行ったのも「Can Canに載りたい‼︎」というのが理由でした。笑

雑誌は、母親に見つかるのが嫌だったので、本は、部屋のクローゼットの奥に隠していました。
それで美容学校に進み、19歳の時に『Ane Can』が出版されました。
美容学生だったころからファッション誌は、見ていて、やはり赤文字系(Can Can vivi  JJ  Ray)が大半をしめていました。コンサバが流行っていたので、

モデルでも「エビちゃんモエちゃん」の人気は、凄く「ゆる巻き」などのヘアがOLさんに流行っていました。

中でもAne Canは美容師なりたて時代から見ていた雑誌で凄く思い出深い雑誌の一冊でした。
Ane Canのヘアスタイルを見てマネキンで練習してました。


最終刊を読んでいて、美容師を始めた時を思い出せて、初心は忘れちゃいかんなと思いました。

今日から改めてもっと頑張ろう^_^✂️

Ane Canに感謝です✨

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中